糖尿病の治療法について

糖尿病の治療法には食事制限と運動療法になり、これに投薬が加わることがあります。投薬の場合は、医薬品を服用する場合と注射を体に打つ場合に分けられます。そして糖尿病には型が1と2あり、それぞれによって発症の原因が異なってきます。まず症状が初期の場合は、食事制限と運動療法で改善させることができます。そのため発症を防ぐためにも、日頃からカロリーの高い食事などを慎み、運動することが必要になります。また血糖値を安定させるためにも、投薬と共に食事制限と運動療法を続けることで、進行を遅らせることができます。次に糖尿病には型が1と2あり、それぞれに発症の原因が異なります。1型は幼少期に発症することが多く、インスリンの分泌量が少ないために起こります。一方、2型は生活習慣が原因のため、生活習慣を改善することで防止することができます。現在では、この病気に対する新薬の開発もあり、少しずつ治療法が以前とは異なってきています。それはいずれ、糖尿病を完全に治すことができることになります。

半田晴久とは